大型車には買取相場が存在しない?

一般的な乗用車を買取店などで査定するという事になると、査定する側はまず相場から算出したその店舗ならではの買い取り基準表と照らし合わせます。

 

この基準表には、モデル名やグレード名、年式、ボディカラーなどの固定的な項目から、総走行距離などの変化のある項目などが書かれており、その表に書かれている価格を基本的な査定額とします。

 

そこからボディについた傷やへこみなどのボディの傷みや異音やオイル漏れ、冷却水漏れなどのエンジン回りの傷み、内装の汚れ具合、オプション品の有無などの条件によって、加算したり、減算したりして最終的な査定額というものが算出されるわけです。

 

従って、買取基準表があって査定ができるという事なのです。

 

しかし、大型車となると一般的な乗用車と比べると圧倒的に売買の実績が全体的に少なく、更に複雑なモデル構成を持つことから基本となる相場というものが、存在しないのです。

 

それによって大型車を扱う買取店などがあまり存在しませんし、出される査定額もほぼその買取店による判断というものが大きく影響することになります。

 

乗用車の場合、店舗による査定額の違いは基準値となる価格からそれほど大きく外れることはないのですが、大型車はある意味すべてが店舗の言い値となることから店舗によって査定額の開きが大きくなることもあります。