トラックの走行距離は査定額に影響する?

大型トラックは、普通自動車と比べても長い年月の間使うことが多く、維持する年月も総走行距離も何十万キロとなることも少なくありません。

 

これには大型車両がの価格が高い事が大きく影響していることで、軽自動車のように簡単に買い替えるという事が出来ないのです。

 

それによって、経年劣化も含めて、結構あちこち傷んでいることも少なくありません。

 

それがキャビンや荷台のパネルが少しへこんでいるとか、傷だらけだとかというのであればまだいいのですが、エンジンオイルはダダ漏れ状態、排気ガスは真っ黒というのでは、大型車の価値というよりか車としての価値がかなり下がってしまうこととなります。

 

意外ときちんとした整備を受けていないトラックも多いようで、幹線道路を走っているトラックを見てみると、保安基準ぎりぎりのトラックを見ることも多々あるぐらいです。

 

こんな状態では、先々エンジントラブルや車検などで引っかかることも予想されるので、いくら必要だから、安いからといっても誰も買ってはくれません。

 

大型車だから、トラックだからという特別なものはいりませんから、せめて車として正常な状態で走れるようにしてあげたほうが、査定額もよくなると思います。

 

もちろん、見た目の傷やへこみなどもないに越したことはありませんが、まずは仕事の車として正常に役目を果たせる状態とするというのが一番重要なことです。