小型商用トラックの買取について

商用車といって、大型トラックや大型バスだけではありません。普通免許で乗ることができ、ボディサイズも普通自動車と変わらないようなものも存在します。

 

ほとんどものが乗用車モデルの派生車種として作られているか、逆に商用車の派生車種として乗用モデルが存在することから一般の方でもそれなりになじみがあると思います。

 

一番なじみ深いのがワンボックスバンといわれるもので、日産ではNV350キャラバン、トヨタではハイエースなどが有名なところとなります。

 

それ以外にも乗用モデルのステーションワゴンをそのままライトバンとして作りかえたものもあり、小型車の中でもいろいろな商用車というものがあるのです。

 

このような小型の商用車は同時に乗用モデルが存在することが多く、そのほとんどが今ではミニバンとして扱われるようになってしまいましたが、同じボディでトラックとして扱われる4ナンバーや1ナンバーのバンと、乗用車として扱われる5ナンバーや3ナンバーのワゴンが存在します。

 

こういった経緯から小型商用車といわれる車は、多少価値観い違いはあるものの基本的には一般的な乗用車と同じような扱いがされ、買取店での査定などにおいても特別な知識が無くても正確な査定額を算出することができます。

 

その辺が大型トラックや大型バスなどの大型車とは大きく違うところとなります。