トラックのディーゼル規制

大型トラックなどに使われているディーゼルエンジンは軽油で動くため燃料費が安くすみ、更に低回転トルクが高いために重たい荷物を積んで走るトラックには最適なエンジンです。

 

しかし、ディーゼルエンジンは、点火プラグによって混合気の燃焼を行うのではなく、吸気を高圧力で圧縮することによって起こる自然発火によって燃焼行程を行っているので、その混合気の燃焼状態が最適ではなく、未燃焼ガスや公害物質などを発生させることが多いというデメリットを持っています。

 

これがディーゼルエンジン車が吐き出す真っ黒で臭い排気ガスの原因なのですが、それでも最近の大型トラックは技術の進歩によってエンジン自体がそういった公害物質を出しづらい構造になっているのに加えて触媒を付けることによって昔のディーゼルエンジンよりかなりクリーンな排気ガスとなります。

 

しかし、トラックというのは乗用車のようにまめに買い替えるというものではなく、コストを抑えるため一度買ったら壊れるまで乗り続けるという形で運用されるため、いつの時代もかなり昔のトラックが走っていることが多いのです。

 

現実的にも排気ガスの規制が甘かった時代のトラックが今でも普通に走っていることが多く、いくら新しいトラックで排気ガスをきれいにしたところで古いトラックでその何十倍もの有害物質を含んだ排気ガスを出されたのでは空気はきれいになりません。

 

こういったことから始まったのがディーゼル規制というもので、車の交通量が多い東京などの大都市では排気ガスの有毒物質濃度が高いであろう古いトラックを走ることが禁止されています。

 

キーワードとなるのが「粒子状物質排出基準」というものでこの基準をクリアしていないトラックは東京などの大都市に入ることすらできないのです。

 

どうしても古いトラックを使いたいというのであれば、国が定めた基準をクリアできる専用の触媒を付ける必要があります。

 

これに違反するとその車の持ち主である運送会社などに運行禁止命令が出され、大都市以外での運用も全くできなくなり、それでも運用した場合は罰金が科せられることになります。